ゆかり筆耕のブログ

筆耕会社に応募する前に必ずやっておくこととは?


『どうやって筆耕の仕事を探すのか?』

と疑問に思った時、現在はネットで『筆耕、募集』
『筆耕、仕事』などの検索ワードで筆耕会社が
たくさんヒットします。

( ※ ちなみに私が応募した頃は、まだネットで検索
というのがメジャーではなかった時代でしたので、
タウンページでヒットしました【笑】)

その中で、随時募集しているところ、募集していない
ところ様々ですが、いずれの会社に応募するにしても、
必ずやっておくべきことがあります。

宛名書き(住所、会社名、役職、氏名)を書ける
ようにしておく。

これのみです。
( ※ 宛名書きには書き方のルールがあります。
これに準じて書けるかどうか、という意味です。)

一般企業の場合は履歴書が必要ですが、筆耕は
『宛名書き』が履歴書みたいなものです。
( ※ 筆耕会社によっては通常の履歴書も必要な場合が
あります。その場合、たいてい毛筆で書くことが条件です。)

『筆耕は実力の世界』と言われます。

学歴、経歴、資格、年齢・・・関係ありません。
書道の有段者であろうが、書道の先生であろうが、
師範であろうが・・・これも全くではありませんが
関係ないと思ってください。

つい昨年、書道家の知人が手当たり次第筆耕会社に応募
したらしいのですが、全て門前払いだったそうです。

書道をやっている人は筆に慣れているので、有利である
ことは確かです。

しかし、書道と筆耕は似て非なるもの。

書道が芸術の分野であるならば、筆耕は実務書道(ビジネス
書道)とも言われ、実用の分野になります。

それぞれに専門的な技術、知識が必須なのです。

先ほど、『宛名書きを書けるようにしておく。』
と申し上げましたが、筆耕会社が求める人材とは
ズバリ、

宛名書きが書ける人
(即戦力になる人、すぐに仕事ができる人)

なのです。
つまり、見習いや未経験者は採用しないということです。

実務経験が最低でも1年は必要です。
3年あればかなり・・・いえ、ほぼ間違いなく採用
されるでしょう。

では、実務経験がないとこの仕事に就けないのか?
ということになりますが、そうではありません。

これも先ほど
『筆耕は実力の世界』だと申し上げました。

極端な話、全く筆を持ったことのない人でも
筆耕の仕事に就ける、ということになります。

私が以前所属していた筆耕会社に、ほとんど筆を持った
ことのない人が社内でトップクラスの実力を持っていました。

書道経験のある人がほとんどの筆耕業界だとは思いますが、
こういう人も稀にいるのも事実です。

では、実際どのくらいの枚数を練習すれば宛名書きが
書けるレベルに達するか?

もちろん個人差はありますが、以前私が所属していた
筆耕会社の社長いわく、2000枚。

現在所属している筆耕会社の社長は、5000枚
申しております。

( 普通にヒキますよね⁇ 私もヒキました【笑】)

単純に毎日5~15枚ぐらい宛名書きの練習をすれば
1年で約2000~5000枚になる計算なわけです。

1年かけて宛名書きを2000枚練習してください。
( ※ 個人差がありますから、期間や枚数はあくまでも
目安です。)

応募する前に、すぐに仕事ができるところまでレベルを
持っていっておかないと、どこに応募しても採用は皆無に
等しいと言えます。
それが現状です。

思っているより厳しい世界だと認識する必要があります。

厳密に言うと、会社に入る前よりも入ってからの方が
さらに厳しいです、色んな意味で。

これは私の場合なので、全てがそうではないかもしれ
ませんが、一回募集をかけると多い時で100人を超える
と前社長は言いました。

その中で面接に呼ぶのは全体のわずか1~2%。
実際に採用しても平均2~3ヶ月で辞めるのです。

昔も今も、審査基準というのは変わらないはずです。

送られてきた毛筆の履歴書と宛名書きの作品に目を通すのは、
時間にしてわずか数秒。

パッと見て、この人は見込みありそう、なさそう・・・
瞬時に撥(は)ねてました。

そりゃそうですよね。見るだけでも大変な数ですから。
キラリと光るものがないと目に留まりません。

筆耕に限らず、どの職種でも同じでしょう。
狭き門です。

ですから、応募の前にとにかく練習して完璧に近い状態に
技術を身につけておく必要があるのです。

 

ロイヤルアルバート プリザーブドフラワー

毛筆筆耕専門ゆかり筆耕
山岸由賀里

 

 

 

 

ご依頼をお受けいたしております

ロイヤルアルバート プリザーブドフラワー

日頃使い慣れていない毛筆での宛名書きには時間も手間もかかります。
書式の面でも先方に失礼のないように正しく書かなければいけないとなると、それだけで大変な作業になると思います。

ゆかり筆耕では個人の方でもご依頼しやすい料金で筆耕依頼を受け付けておりますので、原稿の内容や必要とする枚数など、どうぞお気軽にご相談ください。

筆耕以外に関するお問い合わせには返答致しかねますので、予めご了承ください。
ご相談・ご依頼はこちらから