ゆかり筆耕のブログ

『学問のすゝめ』ではなく…『額もおすゝめ』

🌸一文字インテリア書『敬』

一文字インテリア書『敬』
サイズ:外寸168㎜×168㎜×35㎜

 

こちらは以前商品として販売していた
もので、現在は終了しているのですが、

有り難いことに、
『なんとかなりませんか?』という
ご要望があったため、急遽お作りした
次第です。

●背面の継ぎ紙の色(5種)
●お好きな漢字一文字

を選んで頂くもので、セミオーダーながら
オンリーワンのインテリア額です。

インテリア書『敬』

継ぎ紙は一点一点手作りのため
二つとない稀少さに加え高価なもの
ですが、

流麗な曲線と色の美しさのなんとも
言えないところが私自身の好みで、

インテリア額にしたいなと思って
考えたものでした。

インテリア書『敬』

通常は背面に作品を貼り付けますが、
浮かし額装と言って、その名の通り
作品を浮かしてあります。

あ…
宙に浮いてるわけではありませんよ!!
マジックじゃないんですから(笑)

チャラララララ~♬
(※『オリーブの首飾り』ポール・モーリア)

ハトも出てきませんので(笑)

もし出てくるのなら、『インテリア書』を
『マジックショー』ならぬ『マジック書』
に変更しなければなりません(笑)

もちろん見えないように浮かし台を
つけてあります。

浮かすことによって立体感が出て
モダンな雰囲気になるのです。

インテリア書『敬』

以前サンプルで作った時に、フレームの
色とマットの色で随分悩みました。

というのは、この場合ですと、継ぎ紙が
グリーンなので同系のグリーンのマット
をもってくることもできたのですが、

そうすると、マットの方がインパクトが
強くなって継ぎ紙と作品が引き立たない
ように感じたのでした。
(※比べる写真がないのでわかりにくい
かもですが)

結果、マット色は白系が良いことが
わかったので、それに合わせてフレームも
濃いよりは淡い方が良い、ということに
なったのです。

 

🌸小さい額なら飾りやすい

海外に比べて日本は家に額を飾ることは
少ないようですが、

私が子供の頃は、賞状をいわゆる
賞状額(昔ながらの黒と茶の縞模様の)に
入れて、鴨居に乗せて飾ったものでした。

そう言えば…
おじいちゃんおばあちゃん家には、その
縞模様の賞状額に先祖代々の遺影を飾っ
ていました。

子供ながらにそれが怖くてですね、
写真の顔がこっちを見ているだの、
動いてるだの、寝ている間に順番が
入れ替わっただの(そんなバカな!!笑)、

自分の先祖とは言え、白黒でぼんやり
している顔が何枚も飾ってあるのが
とにかく不気味だったので、その
部屋には極力入りませんでした(笑)

現在の一般のお宅ではさすがに先祖代々
の遺影は飾らないとは思いますが、

そうでなかったとしても、インテリアと
して額を飾ったり、美術品を置いたりと
いうのも、よほど好きでない限りしない
ですよね、どうですか??

なんでって、食料品のように必要なもの
ではなく、なくても良いわけですからね。

あとは、スペースの関係で飾れないとか。

私は仕事柄もありますし元々好きなので、
自宅にも色々と額を飾っていますが、

小ぶりなものが多いですね。
自宅には大きな額は飾りにくいので。

会社や広いスペースに飾るのなら、
それに合わせて大きな額が映えるで
しょうが、

一般宅だと大きな額は飾りにくく、
『場所を取らない小さめの額なら飾って
みようかな』という声もよくあります。

今習っているレカンフラワーでも、
押し花もそうですが、これらの額も
やはり小さい方が需要があるのですよね。

そんなこともあって、こんな小さめの額
にしたのでした。

 

🌸額もおすゝめ

一般宅でも意外にも殺風景なスペースが
多いように感じますが、

ちょっとそこに飾ってあるだけで、雰囲気
も変わりますし、

だったら何か好きなもの、美しいものを
飾ってみるのも良いかなと私は思います
けどね。

暮らしを彩るさり気ないインテリアは
心の余裕さえ感じられ、見る人に豊かさ
や穏やかさを与えられるものだと私は
思っています。

ご依頼主様からは、

『やわらかな書体で落ち着きます。』
『目にすることで気持ちが引き締まります。』

というご感想を頂戴しました。

手書きの文字というのは、人それぞれに
感じ方は異なったとしても、人に与える
影響は大きいと言えるでしょうね。

どうせ目にするのなら、縁起の良い言葉、
自分に活力を与えてくれるような言葉が
良いですよね。

しかし、子供の頃に不気味だったあの
先祖の遺影の大きさは、A3ぐらいだった
のかなぁ…

子供だったからか大きく見えましたが、
あんなA3サイズがずらっと並んでいたの
だから、圧迫感と相まってそりゃぁ怖い
はずですよ!!
みんなこっち見てるしね(笑)

それに比べてこちらのインテリア額は、
手のひらサイズだから圧迫感もなく、
かわいいもんですよ。

表向きは販売していないので、
こっそり内緒でのお知らせとなりますが(笑)、

限定3個(※継ぎ紙の色3種から選択)
で制作可能です。
(※無くなり次第終了です。)

興味のある方はお問い合わせください。
こっそりご案内致します(笑)

商品説明はこちら

 

一文字インテリア書『敬』

毛筆筆耕専門ゆかり筆耕
山岸由賀里

ご依頼をお受けいたしております

一文字インテリア書『敬』

日頃使い慣れていない毛筆での宛名書きには時間も手間もかかります。
書式の面でも先方に失礼のないように正しく書かなければいけないとなると、それだけで大変な作業になると思います。

ゆかり筆耕では個人の方でもご依頼しやすい料金で筆耕依頼を受け付けておりますので、原稿の内容や必要とする枚数など、どうぞお気軽にご相談ください。

筆耕以外に関するお問い合わせには返答致しかねますので、予めご了承ください。
ご相談・ご依頼はこちらから