ゆかり筆耕のブログ

結婚式招待状の筆耕料金を少しでも抑える方法とは?


宛名書きを筆耕業者に依頼する場合、

式場やホテルに依頼すると平均一通300円前後
当店のような業者に依頼すると平均一通100円〜
180円ぐらい
です。

いずれにしても少しでも筆耕料金を抑えたいものですよね。

その方法をお教え致します。

筆耕料金を少しでも抑える方法・・・
簡単です。

単純に、依頼枚数を減らせば良いのです。

どういうことかと申しますと、
近年平均すると両家でだいたい50~60通ほど招待状が
必要となります。

ですが全てを依頼する必要はないわけで、
ご来賓やご親族に多い年配の方にのみ筆耕依頼をする
という方法です。
( ※ 実際このような方法をとられる方が多いです。)

今の親御様や年配の方というのは、毛筆書きが当たり前で
見慣れている年代ですので、宛名書きはプロに頼むのが
通常の考え方だったのです。

ですので、ご来賓やご親族に多い年配の方にだけでも
プロに筆耕依頼されると安心かと思うわけです。

一方、ご友人や同僚にはご自分達で手書きにするなり、
印刷するなりすれば良いのです。
( ※ プロの立場からして印刷はあまりおすすめできませんが。)

あとは、都道府県入れに割増料金がある業者の場合は、
(だいたい¥10~¥20増しが多いようです。)
都道府県を省けば、多少ですが節約できますよね。

結婚式は何かと費用がかかるもので、お金をかけようと
思えばいくらでもかけられるわけで、逆もまた然りなの
ですよね。

宛名をご自分達で書けばもちろん節約になりますし、
良い面もあります。

ですが、
『こういうところはケチるものではないのよ。』
と、格式を重んじる年配の方からは、このように
感じられていることも実はよく耳にするのです。

招待状はお二人の、、、というより、その後ろにいる
親御様の第一印象を決めるお顔だと思うのです。

差出人がご本人ではなく親御様であればなおさら
気をつけたいところです。

考え方は色々ですが、賢く上手にプロを利用してみて
くださいね。

招待状宛名書き 料金安い

毛筆筆耕専門ゆかり筆耕
山岸由賀里

ご依頼をお受けいたしております

招待状宛名書き 

日頃使い慣れていない毛筆での宛名書きには時間も手間もかかります。
書式の面でも先方に失礼のないように正しく書かなければいけないとなると、それだけで大変な作業になると思います。

ゆかり筆耕では個人の方でもご依頼しやすい料金で筆耕依頼を受け付けておりますので、原稿の内容や必要とする枚数など、どうぞお気軽にご相談ください。

筆耕以外に関するお問い合わせには返答致しかねますので、予めご了承ください。
ご相談・ご依頼はこちらから