ゆかり筆耕のブログ

書写(≒形臨)の大事

先日の新聞に、小学校、中学校の
『全国学力テスト 問題と正答』
が載っていました。

縮小されていて字も小さいし、
毎回見る気がしないのですが、

それでも目に留まったのがこの問題。

和 行書

中学校 国語Aの書写の問題で
という筆文字が書かれていました。

このような問題でした。

 書写の時間に「和」という字を次の
ように行書で書きました。これを見て、
あとの問いに答えなさい。
和 行書

1 楷書(かいしょ)と比較したときの行書の
説明として最も適切なものを、次の1から4
までの中から一つ選びなさい

1 楷書とは異なり、毛筆で書くことができる書体。
2 楷書とは異なり、筆脈を意識せずに書くことが
できる書体。
3 楷書よりも点画を崩さずに書くことができる書体。
4 楷書よりも速く書くことができる書体。

 

2 「和」の〇で囲まれた部分の㋐と㋑の
特徴の組み合わせとして最も適切なものを、
次の1から4までの中から一つ選びなさい。

1 ㋐筆順の変化 ㋑点画の連続
2 ㋐点画の省略 ㋑直線的
3 ㋐点画の省略 ㋑点画の連続
4 ㋐筆順の変化 ㋑直線的

※平成29年度全国学力テスト 問題と正答

 

🌸答えかりますか??
(※が答え)

1 楷書(かいしょ)と比較したときの行書
の説明として最も適切なものを、次の1
から4までの中から一つ選びなさい

1 楷書とは異なり、毛筆で書くことが
できる書体。
→楷書も行書も、毛筆で書くことができる。

2
 楷書とは異なり、筆脈を意識せずに
書くことができる書体。
→楷書も行書も、筆脈を意識して書く。

3
 楷書よりも点画を崩さずに書くことが
できる書体。
→行書は点画を崩して書く。

4
 楷書よりも速く書くことができる書体。

 

2 「和」の〇で囲まれた部分の㋐と㋑
の特徴の組み合わせとして最も適切な
ものを、次の1から4までの中から一つ
選びなさい。

1 ㋐筆順の変化 ㋑点画の連続
2 ㋐点画の省略 ㋑直線的
3 ㋐点画の省略 ㋑点画の連続
4 ㋐筆順の変化 ㋑直線的

 

四択というのが嫌らしいんですよね(笑)
一見紛らわしい書き方をしているだけで、
よく読めばわかる問題だと思います。

 

🌸書写(≒形臨)の大事

遠い記憶を辿ればそう言えば、書写の
時間ありました。

私が中学校の頃、書写の先生がいつも
口癖のように言っていたことが、今でも
鮮明に記憶に残っています。

そっくり、そのまま、その通ぉ~り!!

力を込めた言い方と何かのキャッチ
フレーズのような響きに多感な中学生
には大ウケで、

『あぁ、また言うとるわ。』てな感じで
みんな笑っていましたよ(笑)

ですけども、とても大事なことだったのです。

『そっくり、そのまま、その通り』
というのは、

お手本をよく見て(観察して)似せて書く
ということ。

書道用語で言う、
臨書(りんしょ)の中の形臨(けいりん)
にあたります。

美しい文字を書くための基本であり基礎
となるのが、この書写(≒形臨)なのです。

書写の時間は、美しい文字を書くという
目的だけでなく、同時に観察眼を養い、
造形美や空間の取り方など、感性を身に
付ける意味でも大事なのです。

ちなみに、
優れた書家ほど臨書を大事にしています。
(と感じています。)

臨書は基礎なのでしっかりと固めておく
必要があるということ。

そうすることで、創作という応用が効く
のだと言えます。
基礎があって応用が効く、何でもそう
ですよね。

私が今習っているペン習字もそう。
徹底的に形臨という方法が取られて
います。

細かく分析、観察、そして反復練習の
日々なのです。

 

毛筆筆耕専門ゆかり筆耕
山岸由賀里

ご依頼をお受けいたしております

和 行書

日頃使い慣れていない毛筆での宛名書きには時間も手間もかかります。
書式の面でも先方に失礼のないように正しく書かなければいけないとなると、それだけで大変な作業になると思います。

ゆかり筆耕では個人の方でもご依頼しやすい料金で筆耕依頼を受け付けておりますので、原稿の内容や必要とする枚数など、どうぞお気軽にご相談ください。

筆耕以外に関するお問い合わせには返答致しかねますので、予めご了承ください。
ご相談・ご依頼はこちらから