ゆかり筆耕のブログ

筆耕士養成講座を勧めるサイトにはご用心…


🌸筆耕士養成講座を勧めるサイト
にはご用心…

誰もが知るような有名な大手の通信講座
によくある謳い文句として、

『筆一本で高収入』
『賞状一枚5000円以上の収入』
など…

講座を勧めるために、おいしい話が
盛ってあります。
(※ちなみに私も、かつてそのような
謳い文句に惹かれて受講した側の人間
です。)

もちろんこれらも噓ではありませんが、

鵜呑みにしてすぐに収入に直結する
とは思わないこと。

だいだい、たった12回程度の講座を
受けただけで筆耕士となり収入を得ら
れるのなら、今頃そこかしこにごろごろ
と筆耕士が存在していることになります。

それでふと思ったのですが、私も今まで
『講師をやってくれませんか??』という
お問い合わせがあったことを考えると、

大手の通信講座団体以外に、個人の
筆耕士が『筆耕士養成講座』なるものを
作成して受講させていることも、
もしかしてあるのでは??と…

本当に存在するかどうかは知りません
が、いずれにせよ、自分の利益のため
にメリットしか謳わないはずです。

そりゃあそうですよ、わざわざ
デメリットを強調する意味はありません
からね。

大手だろうが個人だろうが、講座を
受けること自体は悪くありません。

講座を土台にしてあとは各々が地道に
技術を高めていく、というスタンスで
望んでください
、ということ。

かつて私も、そのつもりで受講して
いたのです。

むしろ筆耕士になるためではなく、
趣味程度の感覚でした。

受講終了後すぐにご縁あってこの世界
に入り、今の私があります。
タイミングが良かったのでしょうね。

そもそも技術を売る仕事に、増してや
筆耕は書道と同じ芸事です。
芸事に最短などはあり得ませんから。

ちなみに…

 

🌸筆耕士の採用と仕事の需要は
いかほどか??

私が以前所属していた筆耕会社での採用
される確率は、
(※20年ほど前の話です。)

1〜2%

1回の募集でいつも100人強の応募が
あったそうです。
その中で面接に呼ばれるのが1〜2人。

そしてさらに採用になっても長く続か
ないのです。
平均1~3ヶ月以内に辞めます。

そんなに低いのかと思いますでしょ?
実は私も信じられませんでした。

しかし、社長直々にそう聞かされたので
信じるしかなかったのです。

言われてみれば、私のあとからちょこ
ちょこと新しい人が来るのは来るの
ですが、1ヶ月ぐらい経って、あれ?
そう言えば、〇〇さん最近来てないな、
と気づくことが多々ありましたし、

私がその会社に入って半年ほど経った頃、

『あんた(私)よぉ続いてんなぁ、新しい人
は皆すぐ辞めていくのに、3ヶ月と続け
へんねんで。』

と言われました。
え…?たった半年でよぉ続いてるって
どういうことかと。

『石の上にも三年』という諺があるよう
に、私の感覚では、半年ぐらいで褒め
られるべきではないと思っていたので、

やっぱり社長の言う通りだったんだなと
納得しました。
余りにも『石の上にも残念』な人が多い
ことを(苦笑)

そんな感じで、なかなか新人が育たない
のですよ。
会社からすると教えるだけ無駄になって
しまうのです。

そしてさらに追い打ちをかけることには…

技量の差などでその人にもよりますが、
そんなに頻繁に需要があるわけではあり
ません。

場合によっては、通勤ではなく在宅の
場合などは特に、少ない時は年に1~2回
ぐらいしか仕事が回ってこないことも
あり得るのです。

●採用自体も非常に厳しい。
●採用されても、頻繁に仕事があるわけ
ではない。

頻繁に仕事があるわけではないという
のなら、筆耕会社の掛け持ちという
方法も多くの人は考えますが、それを
やると会社に嫌がられます。

なぜかと言うと、繁忙期がどこもほぼ
同じなので、いずれかを断ることに
なりやすいからです。

せっかく仕事が回ってきても、断って
ばかりだと会社からは信用されません。

そういった諸々の厳しい現実があります。

それでもこの仕事を求めますか?って話
です。
会社にもよるので、どこの会社もそうと
いうわけではないとは思いますがね。

15年ほど筆耕業にいる私の経験上の話
ではありますが、多少なりとも参考に
なればと思います。

 

千字文 全臨

毛筆筆耕専門ゆかり筆耕
山岸由賀里

 

ご依頼をお受けいたしております

千字文 全臨

日頃使い慣れていない毛筆での宛名書きには時間も手間もかかります。
書式の面でも先方に失礼のないように正しく書かなければいけないとなると、それだけで大変な作業になると思います。

ゆかり筆耕では個人の方でもご依頼しやすい料金で筆耕依頼を受け付けておりますので、原稿の内容や必要とする枚数など、どうぞお気軽にご相談ください。

筆耕以外に関するお問い合わせには返答致しかねますので、予めご了承ください。
ご相談・ご依頼はこちらから