ゆかり筆耕のブログ

完成度100%を目指す。

先日のレカンフラワーでのお教室にて。

6ブロックデザイン
という6つの四角い
窓抜きがある台紙を使用したデザイン
を学ぶ、というもの。

レカンフラワー 6ブロック

レカンフラワー 6ブロック
🌸使用花材🌸
コデマリ
マトリカリア
薔薇の葉
雲間草(クモマグサ)
スイートピー
かすみ草
花かんざし

これら花材はもちろん自分で選び、乾燥
させたものを使用し、デザインも自分で
考えます。

レカンフラワー 6ブロック

レカンフラワー パレットパステル
背景にはパレットパステル20色で着色
しています。
実際に使ったのは2~4色です。

このパステルがなかなか立派でして、
見てるだけでも美しいですが、

もともとメイキャップ用なので発色が
良く、粉も出にくい、花を引き立てる
ツールとなっています。

レカンフラワー 6ブロック
しかし写真には写りにくいのですが、
肉眼だと不備だらけ。

●ボタニックボンド(接着剤)で紙を汚した。
●鉛筆の線が見える。
●レジン(接着剤)が見える。
●ジュエルサンド(シリカゲル)が取り
切れていなかった。
●花の高さが出過ぎて(1センチぐらい
までに収めるべき)
一部押しつぶされた花もあった。
●デザイン構成的にこうすれば良かったかな。

などなど…
毎回気をつけてはいるものの、課題は
多く残ります。

完成度としては50%。
いや、それ以下かな…

筆耕やペン習字の競書で言うなら、紙を
汚したり、下書きの線が残っている、
などというのは価値は下がり審査から
外れます。
それと同じこと。

筆耕もペン習字も限りなく100%に
近づけることを常に念頭に置き、美を
追求、探究したいと思うわけですが、
レカンフラワーでの作品作りも同じ。

美に反するものが作品の中に少しでも
あると、どうも気になるのは、やはり
根っからの職人気質だからでしょうか。

実は少し先になりますが、今年12月に
当店が所在する岡崎市内にて、
押し花とレカンフラワーの作品展
開催することが、先月2月には決まって
いました。

それもあって、見るに堪えないものは
発表したくないのですよね。

作品展までには自分自身が納得できる
ものを。
完成度100%を目指したいと思います。

と、その前に…
書道展があったのでした!!(笑)
まだ全然仕上がってない~(ー_ー;)!!

 

毛筆筆耕専門ゆかり筆耕
山岸由賀里

 

ご依頼をお受けいたしております

日頃使い慣れていない毛筆での宛名書きには時間も手間もかかります。
書式の面でも先方に失礼のないように正しく書かなければいけないとなると、それだけで大変な作業になると思います。

ゆかり筆耕では個人の方でもご依頼しやすい料金で筆耕依頼を受け付けておりますので、原稿の内容や必要とする枚数など、どうぞお気軽にご相談ください。

筆耕以外に関するお問い合わせには返答致しかねますので、予めご了承ください。
ご相談・ご依頼はこちらから