ゆかり筆耕のブログ

珍毛?!珍筆?!こんな珍しい子をお迎えしました。

私は誰でしょう??
(※ヒトではありません。)
珍毛 珍筆 ダチョウ

 

今年平成29年は酉年。

駝鳥(ダチョウ)

の羽毛で作られた干支筆なのです!!
非常に珍しいです。

元の姿はもうありませんが、全体像は
こんな感じ。

珍毛 珍筆 ダチョウ
(※広島熊野筆・久保田号 干支筆駝鳥)

筆先はこの通り、全くまとまりが
ありません。

そして非常に柔らかく、どう見ても筆記
には不向きです。

どちらかと言うと、お掃除に良いのでは?!
と思うぐらいフワフワです(笑)

鳥臭いのかと思い鼻に近づけてみま
したが、特に匂いはありませんでした(笑)

 

下向きに…
珍毛 珍筆 ダチョウ

 

横向きに…
珍毛 珍筆 ダチョウ

 

上向きにすると…
珍毛 珍筆 ダチョウ

余計にバサバサ(笑)

しかし、ミンクのような艶があります。

筆記に不向きなこんなバサバサなもので
何をしようとしているかと言いますと、

今年夏の書道展に向けて、ここ最近道具の
選出をしていましたところ、

偶然出逢いまして、すぐにお迎えしたの
です。

まだ墨を含んでいないので、書き味が
わかりませんが、

きっと、おもしろい表情をしてくれるに
違いないと期待しています。

 

普段使っている筆もさることながら、
新しく筆をお迎えする時いつも思い
ますのは、

筆の素材となる動物や鳥達の犠牲の上に
我々書道人は成り立っている

ということ。
ここは絶対に忘れてはならず、感謝に
堪えません。

魂を込めて、書作に励みたいと思います。

珍毛 珍筆 ダチョウ
珍筆筆耕専門ゆかり筆耕
山岸由賀里

 

ご依頼をお受けいたしております

珍毛 珍筆 ダチョウ

日頃使い慣れていない毛筆での宛名書きには時間も手間もかかります。
書式の面でも先方に失礼のないように正しく書かなければいけないとなると、それだけで大変な作業になると思います。

ゆかり筆耕では個人の方でもご依頼しやすい料金で筆耕依頼を受け付けておりますので、原稿の内容や必要とする枚数など、どうぞお気軽にご相談ください。

筆耕以外に関するお問い合わせには返答致しかねますので、予めご了承ください。
ご相談・ご依頼はこちらから