ゆかり筆耕のブログ

書道と筆耕をやっていて良かった理由とは??


🌸手書きの良さが見直されている

当店をご利用頂いたお客様の中にも、

『子供の頃にお習字を習っていて、
中学に入る頃にはやめてしまいました
が、また始めたくなりました。』

などというお話をしてくださったり、

書店に行けば、ペン字関連の練習帳の
コーナーが設けられていたりで、

昨今の『美文字』という言葉がある
ように、手書きの良さが見直されて
いるのだなぁと窺い知ることができます。

そう言えば、

一緒に書道教室に通っていた中学の
同級生がいるのですが、

彼女との毎年の年賀状のやり取りで、

『私もまた書道を習いたいです。』
『私もまた今年こそは書道を習いたいです。』
『私もまた書道を習おうかと思っています。』
『まだ行動に移せてはいませんが、今年
こそは書道を習いたいです。』
など…

フレーズは毎年ちょいちょい変わる
ものの、ここ5年ぐらい、そんな添え書き
をしてくれていました。

どうせ今年もまた似たようなフレーズ
だろうと思っていたのですが(笑)

なんとっ!?

『書道に復帰して1年。
また初めから頑張ってます。』

と添えてありました!!

『おぉ~!!ついにやったか!!』

と、思わず彼女からの年賀状に向かって
声が出ました(笑)

私が筆耕をやっていることを彼女は当然
知っているので、

これは間違いなく私の影響なのですよ(笑)

なぜか、書道は一度やめてもまた習い
たいと思える不思議な魅力があるように
思えてなりません。

 

🌸書道で培われる能力

それは…

 

集中力

もちろんそれだけではありませんが、
一番は集中力であろうと思います。

その他…

忍耐力
観察力
洞察力
想像力
創造力
表現力

などでしょうか。
礼儀作法も身に付きますね。

あと身体的には、

心肺機能強化

にもなると、かつての師がそう言い
ました。

文字を書く時というのは、精神統一を
するので自然と深い呼吸になり、
それが心肺機能の強化に繋がるのだと。

美文字より少し前にブームになった
『脳トレ』でも書道が注目されたこと
がありました。

文字は手で書いていると言うよりは、
脳で書いている、と言われるように、

書道では脳をよく使います。

脳は心臓と密接に関係していることを
考えると、脳を鍛えれば長生きできる
という理屈も、

なるほど、書道家に長命が多いのも
頷けます。

 

🌸筆耕、ペン習字、レカンフラワー
の共通点とは??

レカンフラワー

以前チラッと書きましたが、昨年秋から
レカンフラワーのお教室に通っています。

レカンとは、フランス語で宝石箱
意味し、

レカンフラワーは、

乾燥させた立体的な花で描く装飾アート
として開発
された花のクラフトです。

筆耕はもちろんお仕事ですが、
ペン習字は師範を、レカンフラワーは
資格取得を目的としています。
(※いずれも遠い先の話ですが…)

レカンフラワーもなかなか細かい作業
でして、筆耕やペン習字と同様繊細さ
が要求されます。

ふと思ったのですが、

筆耕、ペン習字、レカンフラワーに
共通するのは、

筆耕、つけペン、ピンセット

いずれも、
とんがった先っちょでチマチマとする
こと!!

人によっては面倒くさいと思われる、
こういったチマチマした作業は子供の頃
から大好きです。

放っておいたらストップの号令がかかる
まで、いつまででもやっているタイプ
ですよ(笑)

細かいところに集中する。

あえてこんな先端部分に集中すること
など日常あるでしょうか??(笑)

ある意味贅沢で優雅な時間かも知れ
ません。

しかし、細かな作業をするには何と
いっても集中力が必要です。

ここで、書道と筆耕で培われた集中力が
見事に発揮されました(笑)

今更ながら改めて、書道や筆耕をやって
いて良かったなと思う今日この頃です。

レカンフラワー ピンセット

書道、筆耕、ペン習字と同様に精神統一…
呼吸を整えます。

吹けば飛んでしまうほどに軽くて
小さな花。

荒い鼻息厳禁です(笑)

レカンフラワー

毛筆筆耕専門ゆかり筆耕
山岸由賀里

 

 

 

ご依頼をお受けいたしております

レカンフラワー

日頃使い慣れていない毛筆での宛名書きには時間も手間もかかります。
書式の面でも先方に失礼のないように正しく書かなければいけないとなると、それだけで大変な作業になると思います。

ゆかり筆耕では個人の方でもご依頼しやすい料金で筆耕依頼を受け付けておりますので、原稿の内容や必要とする枚数など、どうぞお気軽にご相談ください。

筆耕以外に関するお問い合わせには返答致しかねますので、予めご了承ください。
ご相談・ご依頼はこちらから