ゆかり筆耕のブログ

レカンフラワーとは??

 

レカンフラワー

ひょんなことから、レカンフラワーのお教室に
通うことになりました。

以前からフラワーアートはやってみたいと思って
いたのですが、

当店が所在します愛知県岡崎市にただ一人(二人
かな?)先生がいらっしゃることがわかり、しかも
同じ町内のご近所でこれまたびっくりでした。

そういえば、岡崎市で筆耕屋も私だけですので、
(私の知る限り愛知県内でも数件ですが)
なんだかご縁を感じます。

 

🌸レカンフラワーとは??

レカンとは、フランス語で『宝石箱』のこと。

植物を自然な色とそのままの形で乾燥させ、立体
フレームに密封し特殊技術により退色を食い止め
ています。

押し花ドライフラワーとの違いは一目瞭然ですが、
よく似ているプリザーブドフラワーとの違いは、

人工的か、自然的か。

プリザーブドフラワーは、脱色して乾燥させたのち、
人工的に着色しているのに対し、

レカンフラワーは、脱色はせず自然なままの色で
乾燥させている点です。

どのフラワーアートも美しいですが、レカンフラワーの
『自然』というところに美しさと魅力を感じます。

 

レカンフラワー

こちらは体験レッスンで私が作ったものですが、
乾燥させたお花は先生に準備して頂いたので、
私がしたのはデザインだけということになります。

ピンセットを要す細かい作業は、筆耕やペン習字と
同じで呼吸が止まりそうでした(笑)

実はこれは、単なる趣味ではなくいずれ書と融合
させる目的で資格を取りに行ってます。

時間はかかりそうですが、ペン習字同様地道に
歩みますよ。

レカンフラワー

毛筆筆耕専門ゆかり筆耕
山岸由賀里

 

ご依頼をお受けいたしております

レカンフラワー

日頃使い慣れていない毛筆での宛名書きには時間も手間もかかります。
書式の面でも先方に失礼のないように正しく書かなければいけないとなると、それだけで大変な作業になると思います。

ゆかり筆耕では個人の方でもご依頼しやすい料金で筆耕依頼を受け付けておりますので、原稿の内容や必要とする枚数など、どうぞお気軽にご相談ください。

筆耕以外に関するお問い合わせには返答致しかねますので、予めご了承ください。
ご相談・ご依頼はこちらから