ゆかり筆耕のブログ

三重県の極上癒しスポット ♡アクア×イグニス♡

五感を研ぎ澄ますことに日々意識しておりますと、
形として残らないことにわざわざ時間やお金を
使うことが多いので、

一見もったいないと思えるかもしれませんが、
それは感性や技術を磨くための自己投資であり、

そういった良い意味での贅沢はむしろ建設的で
有効だと思っています。

という前置きは単なる意味づけに過ぎない、と
言われればそうかもしれませんが、

なんでそんなことを言うのかと言うと、最近は
例のスマホゲームに夢中になっている大人の異常な
多さに愕然としているからです。

この近辺でもそんな大人がスマホ片手にうろうろ
歩いていて、ポケモンではなくてバケモンでは
ないかと思うぐらい異様な光景ですよ、本当に(笑)

私はスマホゲームなんぞ全く興味がないので余計に
そう感じるのでしょうが、

なんでそんな時間があるのかが不思議で仕方ないの
です。

そんなスマホゲームする時間があるなら、はたまた、
人のブログやサイトをいちいちチェックし、

❝いいね❞やコメントやメッセージのやり取りをしてる
暇があるなら、

私だったら一行でも、ワンフレーズでも、一文字でも
多く書く練習をしますよ。

Time is Money

時は金なり

時間は有限なのです。
もっと建設的に有効に時間を使いたいものです。

あっ!!話が暴走気味になってしまいましたので、
いい加減本題に入ります(笑)

と言っても、今日はオフネタですが。

都会から離れ英気を養うために、年に何度か
自然を求めに行くのですが、ここ数年は愛知県
(※当店が愛知県に所在していますので)ばかり
でしたので、

たまには県外までということで、お隣の三重県へ。

アクアイグニス
複合温泉リゾート施設
アクア×イグニス(三重県菰野町)

元は古くから片岡温泉があり、2012年に移転。

温泉施設や宿泊施設、レストラン、スイーツ、
ベーカリーなど

『癒し』と『食』をコンセプトとしたアクア×イグニス
がオープンしたのだそう。

世界的に有名な一流シェフのお味が堪能できます。

こちらは、奥田政行シェフのイタリア料理。
(サーラ ビアンキ アル・ケッチャーノにて)

イタリアン オードブル

奥田政行 イタリアン

素材からこだわりぬいた繊細で美しい一皿一皿に
溜息と唸り声しか出ませんでした(笑)

この施設内にある畑(畑っちぁーの)で育てられた
無農薬のお野菜たちは、甘く優しいお味でした。

そして、こちらも世界的に有名なパティシエ
辻口博啓シェフのスイーツ。
(コンフィチュール アッシュ)

コンフィチュールアッシュ 辻口博啓

こちらも目に美しく、繊細な技がいっぱい詰まった
芸術作品のようでした。

やはり終始『わぁ~♡』『うん…♡』
美しさと美味しさとで言葉が出ませんでした(笑)

開店前から長蛇の列。

同じく辻口シェフ監修のベーカリー(マリアージュ ドゥ
ファリーヌ)も大人気で、

どうやら近場の人が、スイーツやベーカリーを求めに
来ているような感じでした。

そして、この施設は外観からもわかるように
全てがアートでした。

こちらは、温泉棟の壁。

ラテン語で
『水』を意味する『アクア』と、
『火』を意味する『イグニス』。

まさに『水と火』のようです。

アクアイグニス 温泉棟

アクアイグニス 温泉棟

アクアイグニス 温泉棟

随所に見られるアートな空間は美術館のようで、
目が離せませんでした。

白地に黒…書の世界と同じですね。
何か創作のヒントになりそうな予感です。

こういった温泉施設はあちこち場所を変えたり、
リピートしたりしていますが、他にはない感じが
しました。

地元周辺の方が多かったように思いますが、
お近くの方はもちろん、遠くの方もどうぞ
わざわざ足をお運びください(笑)

さて次はいつ来ようか…もう目論んでいます(笑)

片岡温泉 アクアイグニス

片岡温泉 アクアイグニス

片岡温泉 アクアイグニス

片岡温泉 アクアイグニス

毛筆筆耕専門ゆかり筆耕
山岸由賀里

 

ご依頼をお受けいたしております

アクアイグニス

日頃使い慣れていない毛筆での宛名書きには時間も手間もかかります。
書式の面でも先方に失礼のないように正しく書かなければいけないとなると、それだけで大変な作業になると思います。

ゆかり筆耕では個人の方でもご依頼しやすい料金で筆耕依頼を受け付けておりますので、原稿の内容や必要とする枚数など、どうぞお気軽にご相談ください。

筆耕以外に関するお問い合わせには返答致しかねますので、予めご了承ください。
ご相談・ご依頼はこちらから