ゆかり筆耕のブログ

【競書結果】作品が掲載されました。

ペンの光
※日本ペン習字研究会 競書誌『ペンの光』

毎月22日頃に届く『ペンの光』には2か月前に
提出した競書作品が審査され、

段位や級位の認定が掲載されます。

私が初めて提出したこの作品が今月7月号に
載っていることになります。

ペンの光 規定部 手紙実用部
※2016年4月号課題 【手紙実用部、規定部】

提出者全員の名前が載り、

さらに優秀作品は写真で掲載され、

その中から抜粋して、講師の先生の批評も掲載
されます。

結果…

 

 

 

【手紙実用部】(級位クラス 1級~10級)
199人中22位(Aランク)

 

【規定部】(10級)
274人中11位

そして写真版でした。

ペンの光

なんか似たような字の人がいるなぁ…と思ったら
私でした(笑)

普段、筆耕のお仕事では割と運筆は早いのに
慣れているせいか、

ペン習字では、意外にもゆっくりと慎重にペン
を運ぶことに、初めは戸惑いました。

自己評価としては、もう少し良いものに近づけ
たかったというのもありましたし、

級位が上がればいいなぐらいにしか思っていな
かったので、

想像以上の成績で、初めてにしては良かったの
ではと思います。

『ペンの光』の購読者は2万人もいるそうで、

競書の提出は義務ではないにしろ、とにかく
出品数が多く、

総じてレベルが高いように感じます。

簡単そうに見えて、なかなか手強い。

ペン習字も奥が深そうです。

当面は着実に級位を上げていくこと。

目指すは、3~4年かかると言われる師範です。

長い道のりです(苦笑)

ペンの光

毛筆筆耕専門ゆかり筆耕
山岸由賀里

 

 

ご依頼をお受けいたしております

ペンの光

日頃使い慣れていない毛筆での宛名書きには時間も手間もかかります。
書式の面でも先方に失礼のないように正しく書かなければいけないとなると、それだけで大変な作業になると思います。

ゆかり筆耕では個人の方でもご依頼しやすい料金で筆耕依頼を受け付けておりますので、原稿の内容や必要とする枚数など、どうぞお気軽にご相談ください。

筆耕以外に関するお問い合わせには返答致しかねますので、予めご了承ください。
ご相談・ご依頼はこちらから