ゆかり筆耕のブログ

ブサイクな『山岸』を綺麗にする方法

下にそれぞれ異なる書きぶりで『山岸』と
書いてみましたが、

ブサイクな『山岸』はどちらでしょうか??

 

山岸

 

おそらくだと思います。

右の『山岸』は普段の私の書きぶりです。

左は…申し訳ありません、失礼ながら、

お手本やネット上でよく見る字形で、

いまひとつ美しさに欠けるかなぁと個人的
には感じます。

しかし、『山』も『岸』も字形が取りにくい
のは確かです。

ふたつに入ってるのはいづれも『山』で、
画数の少ない文字というのは基本的には
難しいですし、

『岸』もなんだか歪んで見えることが多い
ようです。

では、なぜ左の『山岸』はブサイクかを
分析してみます。

山岸

『山』
問題なのは二画目と三画目。

始筆の位置は横の中心より下から入っていて
やや短い。

始筆で圧をかけ過ぎて穂先の向きが45度に
なっていて、頭でっかちに見える。

45度で入ると内に入りやすくなり、不安定
な『山』に。

 

『岸』
『山』と同じで、二画目と三画目の穂先の
向きが悪い。

五画目の払いがやや短い。

最終画の縦棒もやや短く、中心から離れて
いて歪んで見える。

 

ブサイクな『山岸』を綺麗にしてみます。

山岸

『山』
二画目と三画目の始筆は横の中心から、ほぼ
まっすぐめに下ろす。
(※やや外向きになっても良い。)

始筆でトンと置くと頭でっかちになるので、
穂先でスッと入るイメージ。

 

『岸』
『山』と同じで、二画目と三画目は穂先で入る。

最終画の縦棒は、中心よりやや右で沿うように、
長く引っ張る。

 

いかがでしたでしょうか??

色々な字典やネットなどで知らべてみても、なぜか
綺麗な『山』『岸』は見たことがありません。

筆耕の先生や先輩方の字を参考に私なりに分析して
右の『山岸』ができました。

ほんの数ミリの長さや位置、ちょっとした角度…

少しお化粧しただけで綺麗になれましたね、全国の
山岸さん♡笑

山 ペーパーウェイト 小筆
毛筆筆耕専門ゆかり筆耕
山岸由賀里

 

ご依頼をお受けいたしております

山 ペーパーウェイト 小筆

日頃使い慣れていない毛筆での宛名書きには時間も手間もかかります。
書式の面でも先方に失礼のないように正しく書かなければいけないとなると、それだけで大変な作業になると思います。

ゆかり筆耕では個人の方でもご依頼しやすい料金で筆耕依頼を受け付けておりますので、原稿の内容や必要とする枚数など、どうぞお気軽にご相談ください。

筆耕以外に関するお問い合わせには返答致しかねますので、予めご了承ください。
ご相談・ご依頼はこちらから