ゆかり筆耕のブログ

ブサイクな『女』を綺麗にする方法

こんなブサイクな『女』をよく見かけませんか??

 

 

 

 

 

女の書き方 悪い例
女の書き方 悪い例
『人』ではなく『字』の話です(笑)

さほどブサイクではないとも思えますが、何となく
形悪いと感じませんか??

(またまた失礼ながら)ネット上や字典などでよく
見かける私が思ういまひとつな『女』です。

どこが悪いか分析してみます。

 

 

一つ目の『女』は…

女の書き方 悪い例 

赤丸の部分が縦の中心から外れているため、
全体的に左に寄っている感じ。

 

 

二つ目の『女』は…

女の書き方 悪い例

赤の点線—–部分が少し長く、横の中心より
大分離れてしまっているために、足が短い。

 

綺麗な『女』にしてみます。
施術開始♡笑

綺麗な女の書き方 

線を入れるとよりわかりやすいので…

綺麗な女の書き方

これは普段の私の書きぶりです。

①②③は筆順です。

一画目は、ひらがなの『く』を傾けて書く
イメージで。

二画目は、一画目からの筆脈を意識して
一画目と縦の中心で交わるように。

三画目は、二画目からの筆脈を意識して
横の中心から右上がりに長く引っ張る。
(※もう1ミリほど終筆が長い方が良かった
ですね…)

 

『女』の筆順は間違えやすいですが、正しい
筆順があって初めて美しい文字が書けますので、
筆順は守ることが前提です。

画数の少ない文字は余白が多い分、整えるのが
難しいとされている上に、

『女』は一画目の始筆の位置、長さ、角度が
ポイントかなぁと思います。

始筆の位置がほんの少しずれただけでも
バランスが崩れやすい字だと思われます。

 

そう言えば…

『女は書くのも、扱うのも難しい。』

と、どこかで聞いたような気がしますが…

私もこれ以上面倒な女にならないように
気をつけたいと思います(苦笑)

ノリタケ 紫陽花

毛筆筆耕専門ゆかり筆耕
山岸由賀里

 

 

 

 

 

ご依頼をお受けいたしております

ノリタケ 紫陽花

日頃使い慣れていない毛筆での宛名書きには時間も手間もかかります。
書式の面でも先方に失礼のないように正しく書かなければいけないとなると、それだけで大変な作業になると思います。

ゆかり筆耕では個人の方でもご依頼しやすい料金で筆耕依頼を受け付けておりますので、原稿の内容や必要とする枚数など、どうぞお気軽にご相談ください。

筆耕以外に関するお問い合わせには返答致しかねますので、予めご了承ください。
ご相談・ご依頼はこちらから