ゆかり筆耕のブログ

贈答品に添える毛筆の手紙の効果とは??

ちょっとしたプレゼントをする時、短い文面だった
としても、何かしらお手紙を添えると思います。

では、改まった贈り物をする時はどうでしょうか?

メモ書きのような短い文面では、どこか不釣り合いで
格好がつきませんよね。

そんな時に、巻紙に毛筆のお手紙はいかがでしょう。

巻紙 贈答品

先日、当店を永くご贔屓にしてくださっているある
企業様からいつもとは違うイレギュラーなご依頼を
賜りました。

会長職を辞される方への贈り物に添えるお手紙を
プロに頼んだ方が良いのではということで、ご相談を
頂いたのです。

会長職でいらっしゃったこと、贈られる側の年齢や
お品物の内容を考慮して、改まった印象のある巻紙に
書いて添えてみることをご提案させて頂きました。

当初、文字数は100~300文字でとのお考えでした。

個人的な主観が入りますが、100文字ですとちょっと
少ないかなぁ…巻いてもすぐ終わる長さですし(笑)

300文字ですと、長すぎても読む方が負担に思うかも
しれませんし、先ほどとは逆で巻くのに時間がかかり
そうですしね(笑)

ですので、200文字ぐらいが負担も少なく読みやすい
量で長さも適当なのではと考え、文字数も合わせて
ご提案致しました。

 

贈答品に添える毛筆の手紙の効果とは??

手紙を添えるというぐらいですから、手紙はあくまでも
添え物(脇役)であってお品物より目立ってしまうと、
それこそ不釣り合いでいけませんが、あるとないとでは
雲泥の差です。

何よりお品物につく価値が格段に上がり、受け取る
側の印象も違ってきます。

筆記用具の中で最上格である毛筆であればなお、お品物
(主役)を引き立たせる効果があります。

そしてさらにメモや便箋にはない、今時あえて巻紙を
用いることで、古風で粋な演出ができます。

毛筆のお手紙というのは、品格のあるより丁重な贈答品に
してくれるのです。

 

結婚式の招待状の宛名書きで言うなら、毛筆が正式ですが、
毛筆で書くことによって主役である新郎新婦、あるいは
ご両親、挙式・披露宴の格がグッと上がるのと同時に、
招待される側も丁寧な印象が伝わるのと同じであると言え
ます。

まして今の時代は毛筆が扱える人は限られていますから、
受け取る側からすると、丁重な扱いを受けたというとても
温かな気持ちになれるのです。

改まった贈り物には、やはりそれに相応しい書状を添え
たいものです。

印刷にはない手書きの毛筆のお手紙で、心の籠った贈り物を
されてみてはいかがでしょうか。

面倒な方はプロにご依頼ください~(笑)

 

✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶

【 筆耕料金 ~巻紙~ 】
1文字 ¥20

※ 用紙、封筒代込み(特殊な場合を除く)

✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶

 

巻紙 ラナンキュラス レースフラワー

毛筆筆耕専門ゆかり筆耕
山岸由賀里

 

ご依頼をお受けいたしております

巻紙 ラナンキュラス レースフラワー

日頃使い慣れていない毛筆での宛名書きには時間も手間もかかります。
書式の面でも先方に失礼のないように正しく書かなければいけないとなると、それだけで大変な作業になると思います。

ゆかり筆耕では個人の方でもご依頼しやすい料金で筆耕依頼を受け付けておりますので、原稿の内容や必要とする枚数など、どうぞお気軽にご相談ください。

筆耕以外に関するお問い合わせには返答致しかねますので、予めご了承ください。
ご相談・ご依頼はこちらから