ゆかり筆耕のブログ

熨斗袋に滲まず書く方法とは?

 

熨斗袋筆耕
参考価格1枚¥250

毎年ある企業様から熨斗袋の表書きをご依頼頂いております。
だいたいいつも上記のような2~3種類の熨斗袋のタイプです。

一般のご家庭でも急に熨斗袋が必要になることがありますが、
毛筆や筆ペンで書いて滲んでしまったということもよくあるの
ではないでしょうか。

熨斗袋 筆耕

こちらは昔から今でもよくある奉書紙を折ったものに直接書く
タイプですが、和紙は元々滲む性質があるのでほぼ間違いなく
この種の熨斗袋を使ったのであろうと推測できます。

プロはどうやって滲ませずに書いているかと申しますと…

ポスターカラー 墨汁

墨汁にポスターカラーを混ぜるのです。

ポスターカラーの分量としては、ほんの少量(墨の5分の1程度)
です。

多過ぎると運筆に支障が出ますし、少なすぎると滲みます。
そして更に気温や湿度にも左右されます。

さっさと短時間で仕上げないと、濃度が変ってまた調節して
の繰り返しになるので、ポスターカラーを使う時は時間との
闘いでもあるのです。

しかし私はこの種の熨斗袋に書く時はポスターカラーを使って
いません。
昔は使っていましたが、今は全く使っておらずです。

なぜかって、濃度調節が面倒なのと、墨にほんの少し混ぜた
だけで同じ黒でも色が全く変わってしまって、見た目が美しく
ないのがどうも嫌で…(笑)
あと、筆も傷みますしね。

代わりに使っているのは…

濃墨汁

濃墨汁です。

全く滲まないわけではないので多少は墨の含ませ具合や運筆の速さ
など調節は必要ですが、十分書けるので濃墨汁で対応しています。

 

短冊付き熨斗袋 

一方こちらは短冊付きのタイプで、豪華な熨斗袋に付いていることが
多いようです。

最近はどちらかと言うとこの短冊付きの方が多いですよね。

ちなみに一番右の社長賞には檀紙(だんし)と言う縮緬(ちりめん)状の
しわのある上質な和紙が使われています。

短冊にはドーサ引きと言って滲み止め加工がされているので、通常の
墨汁でも筆ペンでも滲まずに書くことができます。

ですので、一般のご家庭では墨やポスターカラーはないでしょうから、
このような短冊付きの熨斗袋が使いやすくて便利です。

 

ウエッジウッド ワイルドストロベリー

 

✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶✶

 

【 筆耕料金 ~熨斗袋~ 】
表題+氏名(会社名) ¥200
表題+会社名、役職、氏名 ¥250

 

毛筆筆耕専門ゆかり筆耕
山岸由賀里

 

ご依頼をお受けいたしております

ウエッジウッド ワイルドストロベリー

日頃使い慣れていない毛筆での宛名書きには時間も手間もかかります。
書式の面でも先方に失礼のないように正しく書かなければいけないとなると、それだけで大変な作業になると思います。

ゆかり筆耕では個人の方でもご依頼しやすい料金で筆耕依頼を受け付けておりますので、原稿の内容や必要とする枚数など、どうぞお気軽にご相談ください。

筆耕以外に関するお問い合わせには返答致しかねますので、予めご了承ください。
ご相談・ご依頼はこちらから