ゆかり筆耕のブログ

『壽』を美しく書く方法

以前『寿』を美しく書く方法を記事にしました。
今回は旧字体の『壽』です。
壽 書き方

『寿』は4本の横画がありますが、『壽』はさらに増えて
7本あります。
上の6本の横画をしっかり詰めて足が短くならないように、
そして横画の間が等間隔になるように書くと美しく見えます。

『寿』の横画と同じく『壽』にも
●仰勢(ぎょうせい)・・・上に反る
●平勢(へいせい)・・・真っ直ぐ
●俯勢(ふせい)または履勢(ふくせい)・・・下に反る

があり、長さ、形、方向それぞれに変化をつけるわけですが、
『壽』は上から順番に仰勢、平勢、俯勢が2セット繰り返されます。

横画が並ぶ場合は特に単調な線にならないようにめりはりをつける
ことがポイントでもあります。

ちなみに、のし紙やのし袋の表書きで旧字体が使われていることが
ありますが、儀礼を重んじ、より丁重に表したい場合に用いると
良いでしょう。

例えば、
寿 →
御礼 →
御霊前 →
御仏前 →
御香典 → 御香

『壽』は結婚お祝いでもよく用いられるので、覚えておくと便利です。

のし袋
毛筆筆耕専門ゆかり筆耕
山岸由賀里

 

【関連記事】
●『寿』を美しく書く方法
http://www.yukari-hikkou.com/archives/2022

ご依頼をお受けいたしております

のし袋

日頃使い慣れていない毛筆での宛名書きには時間も手間もかかります。
書式の面でも先方に失礼のないように正しく書かなければいけないとなると、それだけで大変な作業になると思います。

ゆかり筆耕では個人の方でもご依頼しやすい料金で筆耕依頼を受け付けておりますので、原稿の内容や必要とする枚数など、どうぞお気軽にご相談ください。

筆耕以外に関するお問い合わせには返答致しかねますので、予めご了承ください。
ご相談・ご依頼はこちらから