ゆかり筆耕のブログ

招待状本状にも記名する場合の封筒の宛名の書き方

現在はほとんど見かけなくなりましたが、本来招待状は封筒だけ
でなく、本状にも招待客の名前を書くことが当たり前でした。

10~20年前程までは縦書きが主流
縦書き封筒と本状に筆耕が8~9割
横書き封筒と本状に筆耕が1~2割
縦横ともに封筒のみに筆耕が1割以下

現在は横書きが主流
横書き封筒のみに筆耕が8~9割
縦書き封筒のみに筆耕が1~2割
縦書き封筒と本状に筆耕が1割以下

全く逆転しているのです。

ですが縦書きの招待状本状の場合は現在でも、差出人のうしろに
少しスペースがあるはずです。

ホテルや式場でどのように案内されているかはわかりませんが、
本状にも名前を書くとより丁寧な印象が伝わり、縦書きという
だけでも格式高いのですが、また一段と格も上がりますので是非
本状にも記名することをお勧め致します。

横書きの招待状はデザイン上スペースがないものが多いようなので、
横書きの場合は無理に書く必要はありません。

本状にも記名する場合、封筒のみに宛名を書く場合と少し異なります。

※ 封筒のみに宛名を書く場合、3名までが一般的で、
4名以上になる場合は
世帯主+御家族様(御家族御一同様、御一同様)または
夫婦+御家族様(御家族御一同様、御一同様)と書きます。
バランスは悪くなりますが、5~6名の連名で書いても良いです。


封筒には夫婦または世帯主のみ。
本状に全員の名前。
本状にも記名する場合、封筒には2名まで(夫婦または世帯主のみ)
となっております。

例えば、
夫婦の場合
封筒には夫婦(馬岸鶴夫、亀子)の連名
宛名書き 筆耕


本状にも夫婦(馬岸鶴夫、亀子)の連名

招待状本状


夫婦+子供2人の場合

封筒には夫婦(馬岸鶴夫、亀子)のみの連名
宛名書き 筆耕


本状には全員(馬岸鶴夫、亀子、桜子、椿子)の連名

招待状本状


世帯主+子供1人の場合

封筒には世帯主(馬岸鶴夫)のみの単名
招待状 筆耕


本状には世帯主(馬岸鶴夫)と子供(馬岸桜子)の連名

招待状本状

 

本状への記名においてのポイントとしては、
●敬意を表する意味で、名前の書き出しが赤線より下にならないこと。
半文字~一文字分上から書きます。

●(実名につき伏せておりますが)差出人の名前の大きさより小さく
ならないこと。
8ミリ~1センチぐらいの大きさで書きます。

 

名古屋マリオットアソシアホテル
毛筆筆耕専門ゆかり筆耕
山岸由賀里

 

ご依頼をお受けいたしております

名古屋マリオットアソシアホテル

日頃使い慣れていない毛筆での宛名書きには時間も手間もかかります。
書式の面でも先方に失礼のないように正しく書かなければいけないとなると、それだけで大変な作業になると思います。

ゆかり筆耕では個人の方でもご依頼しやすい料金で筆耕依頼を受け付けておりますので、原稿の内容や必要とする枚数など、どうぞお気軽にご相談ください。

筆耕以外に関するお問い合わせには返答致しかねますので、予めご了承ください。
ご相談・ご依頼はこちらから