ゆかり筆耕のブログ

金字写経

いつも使っている筆なのに、ある時ふと手にしっくりこない
ことがあるのです。

何か道具を使っている職人さんやものづくりに携わる方、芸事
に身を置く人などにはわかって頂けるかなぁと思うのですが、

筆が手に馴染まない。
手が、目が、体が、呼吸が…ついていかない。
筆とリズムが合わない。

そんな感覚。

筆を持とうとしているのだけど、何だか拒否されているようで(笑)
何を書いても『気』の入らない文字。

そんな時は敢えて筆から離れることにしています。
そうするとある時また筆が吸い付いてくる感覚が甦るのです。

金字写経

久しぶりの金字写経。

『今日は書けそう!!』
そんな直感で書きました。

ちなみに、筆は純イタチ毛を使っていますが金墨汁を使うと命である
穂先が利かなくなるので扱いが難しくなります。

しかも紺紙のため下敷が使えないので、罫線以外はフリーで書かなければ
なりません。

天地の余白が不揃い、中心がずれていても見なかったことにしてくだ
さい(笑)

金字写経 小筆

毛筆筆耕専門ゆかり筆耕
山岸由賀里

 

ご依頼をお受けいたしております

金字写経 小筆

日頃使い慣れていない毛筆での宛名書きには時間も手間もかかります。
書式の面でも先方に失礼のないように正しく書かなければいけないとなると、それだけで大変な作業になると思います。

ゆかり筆耕では個人の方でもご依頼しやすい料金で筆耕依頼を受け付けておりますので、原稿の内容や必要とする枚数など、どうぞお気軽にご相談ください。

筆耕以外に関するお問い合わせには返答致しかねますので、予めご了承ください。
ご相談・ご依頼はこちらから