ゆかり筆耕のブログ

『た』の3画目はハネるかハネないかで大喧嘩!!→絶交?!

先日行きつけの美容室である女性誌を読んでおりましたら、

『些細なことで争ったことはありますか?』
( ※ タイトルは忘れましたが )
という記事の中にこんな回答が…

 

 

 

 

『た』の3画目はハネるかハネないかで大喧嘩に
なり、そして絶交しました!!

と。

笑っていいものかどうかとも思いましたが、その他の回答が
どんなものだったか全く記憶に残らないぐらいにウケました(笑)

結論から申し上げますと、ハネることもハネないことも
ある
ので、どちらも合ってます。

ひらがなは、書きぶり(書風)がひとつとは限りません。
書体(楷書、行書、草書など)や縦書きか横書きかなどによっても
変わってきます。

私が参考にしている字典を見比べても、それぞれ微妙に違って
いたり、真逆の解説になっていたりもします。

ひらがな 『た』

『た』に関しては、どの字典や関連書籍を見てもはっきりと
ハネると言う解説は見たことがありませんが、ハネて書かれて
いるものの方が多いように思います。

3画目から4画目に移行する時に気脈(筆脈)を意識して書くと
いう解説の方がむしろよく見るので、意識的にハネると言う
よりは筆が通るために自然に出た軌跡(気脈)と言う方が近い
といった解釈です。

また、毛筆だと穂先が最後に離れる部分ですので、よりハネた
ような線にはなりやすいです。
硬筆だとハネは毛筆よりかは多少出にくいかもしれません。

強いて言えば例えば、宛名書きで『た』を書く場合、筆耕では
楷書を用います
ので3画目をあからさまにハネるような書き方
は適しません。

ハネないか少しハネる程度です。

手紙文や式辞などは行書を用いますので、気脈が明確に出た
ハネるような線が自然であると思います。

それと『た』に関してもうひとつ特筆すべきことは、3画目と
4画目の長さと方向
です。

ひらがな 『た』

以前にも記事にしたことがありますが、『た』の字源は『太』
です。

よって『太』の3画目が『た』の3画目に相当するので長く書き、
ほぼ横に引っ張ります。

『太』の4画目が『た』の4画目に相当するので短く書き、斜め
右下の方向に向かって変化をつけます。

ちなみに『に』と似てますが違いがわかるでしょうか。

ひらがな 『に』

『に』の字源は『仁』です。
よって『仁』の3画目が『に』の2画目に相当するので短く書き、
ほぼ横に引っ張ります。

『仁』の4画目が『に』の3画目に相当するので長く書き、斜め
右下の方向に向かって変化をつけます。

ついでに『に』の1画目はハネます。
2画目、3画目は『た』と同じでハネるというよりは気脈(筆脈)を
意識して書きます。

『に』の2画目もはっきりとハネると言う解説は見たことがありま
せんが、ハネて書かれているものの方が多く、気脈(筆脈)を意識して、
と言う解説になっています。

 

そう言えば、このサイトにも
●カタカナの『ス』の2画目は払うか止めるか( ※ 止めます。)
●カタカナの『ホ』の3画目は払うか止めるか( ※ 止めます。)
●~の何画目はハネるのかハネないのか
などの検索ワードを時々見かけます。

一般の方からすれば些細なことに思えるでしょうが、文字を扱う者に
とっては些細なことでもなかったりします。

筆耕のお仕事でもたった5ミリや1センチの幅の中で、1ミリ
右だの、上をもう少し長くだの、角度が浅すぎるだの…1ミリ
や1度単位でごちゃごちゃ言っているような世界です(笑)
狭いようで深いのです。

『た』
この一文字だけで、浅学な私でさえこれだけ語るのですから
( ※ これでもまだはしょってますが )、専門に研究している
人であれば何ページにも説明が及ぶでしょうね(笑)

それだけ文字(書)の歴史はとてつもなく永く深いということで
しょう。

しかし…
『た』のハネが原因で喧嘩はまだ理解できたとしても、絶交まで
する必要はあったのでしょうかねぇ。
お気の毒です(苦笑)

 

【関連記事】
●ひらがなを美しく書く方法『た行』
http://www.yukari-hikkou.com/archives/1375

●ひらがなを美しく書く方法『な行』
http://www.yukari-hikkou.com/archives/1383

●カタカナを美しく書く方法『サ行』
http://www.yukari-hikkou.com/archives/1579

●カタカナを美しく書く方法『ハ行』
http://www.yukari-hikkou.com/archives/1585

薔薇と紅茶

毛筆筆耕専門ゆかり筆耕
山岸由賀里

 

 

 

ご依頼をお受けいたしております

薔薇と紅茶

日頃使い慣れていない毛筆での宛名書きには時間も手間もかかります。
書式の面でも先方に失礼のないように正しく書かなければいけないとなると、それだけで大変な作業になると思います。

ゆかり筆耕では個人の方でもご依頼しやすい料金で筆耕依頼を受け付けておりますので、原稿の内容や必要とする枚数など、どうぞお気軽にご相談ください。

筆耕以外に関するお問い合わせには返答致しかねますので、予めご了承ください。
ご相談・ご依頼はこちらから