ゆかり筆耕のブログ

文章を美しく見せる方法

文章のうち、ひらがなの占める割合が約70%であるため、
ひらがなが美しく書けていると文章全体が美しく見える、
ということを以前の記事でご説明致しました。

【関連記事】
●なぜひらがなの字形の習得が大事なのか?
http://www.yukari-hikkou.com/archives/1257

そして文章全体を美しく見せる方法の手始めとして、
まずひらがなの字形の習得が必要となるため、
『ひらがなを美しく書く方法 あ行~わ行』
で、ポイントを押さえながらご説明致しました。

【関連記事】
●ひらがなを美しく書く方法『あ行』
http://www.yukari-hikkou.com/archives/1321

●ひらがなを美しく書く方法『か行』
http://www.yukari-hikkou.com/archives/1357

●ひらがなを美しく書く方法『さ行』
http://www.yukari-hikkou.com/archives/1365

●ひらがなを美しく書く方法『た行』
http://www.yukari-hikkou.com/archives/1375

●ひらがなを美しく書く方法『な行』
http://www.yukari-hikkou.com/archives/1383

●ひらがなを美しく書く方法『は行』
http://www.yukari-hikkou.com/archives/1390

●ひらがなを美しく書く方法『ま行』
http://www.yukari-hikkou.com/archives/1401

●ひらがなを美しく書く方法『や行』
http://www.yukari-hikkou.com/archives/1406

●ひらがなを美しく書く方法『ら行』
http://www.yukari-hikkou.com/archives/1409

●ひらがなを美しく書く方法『わ行』
http://www.yukari-hikkou.com/archives/1416

私達が文字を書く時というのは、たいていの場合単語や
文章で書きますので、実際に文章で練習する方が実用的
であり身に付きやすいものだと考えます。

では、これから結婚する方もそうでない方も一度は書く
であろう文章を使って、文章を美しく見せる方法を説明
していきます。

…その前に、お気づきでしょうか。
『文章を美しく書く方法』ではなく『文章を美しく見せる
方法』
と題したことを。

『私は字が汚いから…』と言って初めから諦めている人が
よくいますが、美しく書けないというよりは美しく見せる
方法を
知らないだけなのです。

実は筆耕の世界では、『文字の巧拙よりもまずレイアウトが
大事』
と言われます。

つまり、文字一字一字の上手さよりも字配り(文字の配置、
大小、
合わせ方)が最も大事で、逆に言うと、いくら一字一字
が綺麗に
書けていても与えられた紙面に上手く陣取られて
いないと
商品や作品として価値がないとされてしまうのです。
それほどにレイアウト、字配りが大事だということです。

もちろん、一字一字が美しく書けるに越したことはないわけ
ですが、それはあとでも良いわけです。

しかし、先にも述べたように『文章』を美しく見せるためには
ひらがなの字形の習得だけは先にやっておく必要がありますので、
どちらかと言うと漢字はあとでも良いということになります。

字形の習得の仕方にコツがあるように、文章全体を美しく見せる
のにもやはりコツがあります。

いくつかあるコツの中で最も大事な4つを説明していきます。

『文章を美しく見せる方法』

①中心を揃える。
ご結婚おめでとうございます

最も大事な4つの中でも一番大事な要素です。
『ひらがなを美しく書く方法 あ行~わ行』の時にも毎回赤で
中心を書きましたが、特にひらがなは中心がわかりにくいので
覚えておく必要があったわけです。

左は中心が揃っていますが、右は揃っていませんよね。
この場合ですと、たったの1センチの幅ですので1ミリずれただけ
でも随分と歪んで見えるわけです。
中心が揃っているだけでも美しく見えますよね。

②筆脈(ひつみゃく)を通す。
慶んで出席させていただきます

これも『ひらがなを美しく書く方法 あ行~わ行』でも『筆脈』
という言葉が何度も書かれていたと思います。

『筆脈』とは、文字を書く時の点画の繋がりや、文字から
文字への繋がりのことを言います。

楷書の場合はこの筆脈は出ませんが、繋げる気持ちで意識して
書くと美しく見えます。

右は筆脈を何か所か出してみました。
全ての点画を繋げて書くとうるさい感じになるのでところどころ
繋げるのがポイントです。

③『漢字10』『ひらがな・カタカナ7~8』の大きさにする。
残念ではございますが

漢字の大きさを10とすると、ひらがな・カタカナは7~8
の大きさで書くとバランス良く見えます。

ひらがな・カタカナは画数が少ないので余白が多くなるため
右のように漢字と同じ大きさにすると、まとまりに欠けて
見えます。
左のようにひらがなを少し小さにめにする方が美しく見えますよね。

④字間を均等にする。
欠席させていただきます

きっちり何ミリ、何センチという意味ではなく、肉眼で見て
目立った余白がなければ美しく見えます。

これは住所を書く時もそうなのですが、字間を均等にすると
言うよりも、詰めて書くと言った方が近いように思います。
右は明らかに字間がバラバラでまとまりがないですよね。

 

いかがでしたでしょうか。
今までご自分が書いていた文章と上記のポイントを意識しながら
書いた文章では、格段に違って見えるはずです。

例えばですが、
『私はブサイクだから…』と言って美しくあることを諦めて
しまっていてはいつまでもブサイクのままですよね。

かと言って、容姿端麗な方がガニ股、猫背で歩いていたら
どうでしょう。
とても美しくは見えないはずです。

例えブサイクでも、姿勢を正して颯爽と歩いている方が
よっぽど美しく見えますよね。
( ※ 例えがちょっとアレですけど…笑 )

文字も同じなのですよ。
要は見せ方(魅せ方)ひとつなわけです。

綺麗に書こうとするから難しいと感じるわけであって、
綺麗に見せることに意識を向ければ誰にでもできるもの
だと思うのです。

1日5分でもワンフレーズだけでも実践してみてください。
コツが掴めればあとは体で覚える感覚で練習のみです。
美しい文章が書けるってとても魅力的だと思ませんか?!

花 祝儀袋
毛筆筆耕専門ゆかり筆耕
山岸由賀里

 

ご依頼をお受けいたしております

花 祝儀袋

日頃使い慣れていない毛筆での宛名書きには時間も手間もかかります。
書式の面でも先方に失礼のないように正しく書かなければいけないとなると、それだけで大変な作業になると思います。

ゆかり筆耕では個人の方でもご依頼しやすい料金で筆耕依頼を受け付けておりますので、原稿の内容や必要とする枚数など、どうぞお気軽にご相談ください。

筆耕以外に関するお問い合わせには返答致しかねますので、予めご了承ください。
ご相談・ご依頼はこちらから