ゆかり筆耕のブログ

賞状(全文)レイアウト作成

 

A3賞状用紙
表彰状(全文)のレイアウトを作成しています。

通常、賞状類のレイアウトを作成する時は何も書いていない
賞状用紙のコピーをとって、それに線を引いて割り付けを
するのですが、私は1mm方眼紙を使っています。
宛名を書く時も何でも方眼紙を使っています。便利です。
方眼紙
賞状類は、レイアウト(全体のバランス)ができているかが最も
重要であると言われます。

そしてなおかつ、文字の巧拙も問われるものだと思います。

なぜなら現にこのご依頼主は、別の業者に筆耕を頼んだのだけど、
『字がちょっとアレなので書き直して欲しい・・・』と言って
当店の字を見てお問い合わせをしてくださったからなのです。
( ※ ありがとうございます。しかしプレッシャーが⤴⤴⤴ 笑 )

賞状類を書く時に色々な決まり事があるのですが、その規則を
破っている箇所があります。
どこでしょう?
賞状 レイアウト

ここです。↓
賞状 レイアウト
これは左上の部分を拡大したものです。

通常、主文、年月日、会社名、贈者の頭を結んだ赤のラインが
きれいな右上がりになるように書くのですが、会社名の頭が
ちょっと出てますよね。

ですので、本当は黒の点線あたりからスタートするべきなの
ですが、今回は会社名が長いので止むを得ずこのような書き方に
なりました。
こういった例外も実はよくあるのです。

賞状に限らず、筆耕の仕事は色々な決まり事があっても、
一様ではなく常に臨機応変に行うことも大事な要素であると言えます。

そして、いかにきれいに見せるかですね。

 

毛筆筆耕専門ゆかり筆耕
山岸由賀里

 

ご依頼をお受けいたしております

賞状 レイアウト

日頃使い慣れていない毛筆での宛名書きには時間も手間もかかります。
書式の面でも先方に失礼のないように正しく書かなければいけないとなると、それだけで大変な作業になると思います。

ゆかり筆耕では個人の方でもご依頼しやすい料金で筆耕依頼を受け付けておりますので、原稿の内容や必要とする枚数など、どうぞお気軽にご相談ください。

筆耕以外に関するお問い合わせには返答致しかねますので、予めご了承ください。
ご相談・ご依頼はこちらから